EPADHA研究所
(EPADHA研究所)トップ

青魚の代表成分、EPA・DHAはどう違う

体の調子を整えたり、体温を一定に保つのに必要とされる栄養素の一種で
ある脂質は、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」と呼ばれる2つのグループ
に分かれています。

例えば、バターやラードなどは飽和脂肪酸の代表的なものとして挙げられま
すが、これらが常温で固まりやすいという性質をもっているのに対し、不飽
和脂肪酸のほうは融点が低く、常温でも液体のままというのが見た目でも
わかる特徴のひとつとなっています。

EPAとDHAは、どちらもいわしやさばなどの青魚に豊富に含まれている成分の
ひとつで、この「不飽和脂肪酸」という同じグループに属しており、化学的
な組成を見てもひじょうによく似通っています。

EPAやDHAはまた、ヒトの体内では十分な量を合成することができず、
食べ物などから少しずつ摂取する必要がある「必須脂肪酸」にも属しており、
日本人の食生活が欧米化して肉食中心になり、栄養のかたよりが生じている
なかで、生活習慣病を予防するための健康成分として注目を集めていることも
共通しています。

しかしながら、両者が人体の健康のために果たす役割には微妙な違いがあり、
EPAのほうは、おもに血液や血管に対してはたらきかけ、体のはたらきを調整
する物質の原料になるなどして効果を発揮するのに対し、DHAのほうは、おもに
脳や神経といった人体の大切な場所にアクセスして、脳機能や視覚機能の活性化
に役立つとされています。

この違いについては、EPAが毒物その他の有害物質から脳を守っている脳血液関門
といわれる場所を通り抜けることができないのに対し、DHAはこうした場所を通過し、
積極的に組織のなかに取り込まれるという特性をもっているためで、俗に「頭が
よくなる成分」といわれているのも、こうした特性に由来しています。

いっぽう、両者には血小板の凝集を抑制し、血液のなかで血栓ができるのを防止
する効果もあることから、例えば心筋梗塞や動脈硬化といった病気に対する効果も
期待されていますが、この効果はEPAのほうにより強く期待されています。

このようにEPAは健康にいい成分ですが、普通の食事ではたくさん摂取できません。
ですので血液をサラサラにするためにはサプリで摂るのが効果的です。

ページの先頭へ戻る